ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 技術部 > 水質管理課 > 水道水の安全性について

本文

水道水の安全性について

ページID:0001225 更新日:2021年11月1日更新 印刷ページ表示

水道水の安全性について

新型コロナウイルスが発生しているが、水道水は安全なのか?

 一般的に、ウイルスに対しては塩素による消毒の効果が高いとされています。
 水道局では、国の法令に従い、適切に塩素消毒を実施するとともに、国が定める水道水質基準に従い、安全な水を供給しています。

適切に塩素消毒されていることをどのように確認しているのか?

 浄水場出口の塩素濃度は24時間連続監視しており、適切に塩素消毒されていることを確認しています。また、毎日、給水区域内の31か所で塩素の測定を行っており、水道管の末端まで法令で定められた塩素濃度が確保されていることを確認しています。
 水道法では、各ご家庭の蛇口から出る水道水の塩素濃度を0.1mg/L以上確保するよう定められています。
 現在、本市では浄水場出口の塩素注入量を調整して給水しており、蛇口から出る水道水の塩素濃度が適正に確保されるように管理しています。


  • 引越お客さま受付センター
  • インターネット申し込み
  • 各種お問い合わせ先
  • 申請様式等ダウンロード
  • よくある質問
  • キッズページ