ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 事業者の方へ > 事業者の方へ > 工事・建設コンサルタント業務関連 > 情報共有システムの試行利用について(土木・配管工事)

本文

情報共有システムの試行利用について(土木・配管工事)

ページID:0004589 更新日:2022年8月31日更新 印刷ページ表示

情報共有システムの試行利用

 情報共有システムは、工事書類の作成や受発注者間のやりとりをWEBを通して行うシステムで、工事書類処理や情報の共有の迅速化を図り、建設現場の働き方改革、生産性向上につなげるものです。
 本局発注の土木・配管工事では、以下により試行利用を開始します。
 詳細については、以下「利用方法等」を確認してください。

利用するシステム

  • システム名:広島県工事中情報共有システム<外部リンク>
  • 提供者(運営管理):一般社団法人 広島県土木協会<外部リンク>(以下「土木協会」という。)
  • 方式:ASP(Application Service Provider)サービス(サーバーやソフトウェア等を自己保有せず、サービス事業者(ASP事業者)が提供するソフトウェア機能をインターネットを通じて利用する方式。)

試行対象

 特記仕様書の「情報共有システムの利用について」により、試行対象とされた工事

利用対象

 「試行対象」のうち受注者が利用を希望した工事を利用対象とする「受注者希望型

利用方法等

利用手引

広島市水道局発注土木・配管工事における広島県工事中情報共有システムの利用手引(試行用)(R4.8) [PDFファイル/959KB]

利用対象様式

広島県工事中情報共有システム利用対象様式一覧(R4.8)(土木・配管工事) [PDFファイル/190KB]

利用料

 利用料金は、「利用手引」に従い、手続きのうえ、受注者から土木協会へ支払ってください。
 金額は、土木協会の広島県工事中情報共有システムのページ<外部リンク>で確認してください。
 なお、利用料については、当初設計の共通仮設費に含んでいるため、請負金額変更の対象にはなりません。(利用の有無に関係無く、変更の対象になりません。)

アンケート

 情報共有システムの利用に関する検証のため、「試行対象」の受注者は、情報共有システムの利用の有無に関わらず完成検査までに以下のアンケートに回答のうえ、監督員まで電子データの提出をお願いします。

 【アンケート様式】
  情報共有システムアンケート(受注者用) [Excelファイル/28KB]

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • 引越お客さま受付センター
  • インターネット申し込み
  • 各種お問い合わせ先
  • 申請様式等ダウンロード
  • よくある質問
  • キッズページ